So-net無料ブログ作成
検索選択

北京五輪『報道自由』保障も… 『突発事件では当局が指示』 [北京オリンピック]

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007051502016198.html

-----  引用  -----
北京五輪組織委員会は十四日までに、来年の北京五輪に向けた外国人記者の取材ガイドラインを発表した。「報道の自由」の保障をうたう一方、「突発事件の取材は当局の指示に従う」とし、規制とみられる項目も盛り込んだ。

 ガイドラインは、中国政府が今年一月から来年十月までの限定で施行した新取材規定を具体化した内容。外国人記者の取材は「相手方の同意」さえあれば当局の許可は不要とし、「中国の政治、経済、社会、文化面の取材に適用する」と報道の自由を原則的に認めた。

 しかし、「突発公共事件の取材に関して」という項目では「中国政府と関連部門は事件現場で臨時の抑制措置を取る」と規定し、「外国人記者は事件取材で現場管理人の指令と誘導に従わなければならない」と明記。「突発公共事件」は新型肺炎(SARS)や大事故の際に使われる言葉で、二〇〇四年夏のサッカーアジア杯、日本-中国戦で起きた暴動も想定しているとみられる。
-----引用終わり-----

報道規制が基本の国で
報道の自由は理解できないでしょう

自国民を戦車で踏み潰し
機関銃で撃ち殺し
死体をガソリンで焼いて証拠隠滅
ほんの20年前に実際に起きた事件です

世界が注目しているその瞬間に
独立運動が起きたら
すごいことになりそうです

で、それは報道規制すると
従わないと拘束だけではなく射殺とかありえそうですね

政府首脳の悪口どころか
根拠の無い悪質な噂話さえ記事にしてしまう
そんな報道の自由というのも問題ありそうですが
まだ、規制よりかは良いといったところでしょう

報道の自由なんて
無理な話です



中国報道の読み方

中国報道の読み方


中国動向2006

中国動向2006

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 共同通信社
  • 発売日: 2006/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


『氷点』停刊の舞台裏―問われる中国の言論の自由

『氷点』停刊の舞台裏―問われる中国の言論の自由

  • 作者: 李 大同, 而立会
  • 出版社/メーカー: 日本僑報社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


中国報道と言論の自由―新華社高級記者・戴煌に聞く

中国報道と言論の自由―新華社高級記者・戴煌に聞く

  • 作者: 戴 煌
  • 出版社/メーカー: 中国書店
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 単行本





中国関連書籍はこちらをクリック

ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。