So-net無料ブログ作成
検索選択

島はネズミが完全征服!“刺客”のネコさえ食い殺す―洞庭湖 [疾病・衛生]

http://www.recordchina.co.jp/group/g9774.html

-----  引用  -----
連日お伝えしている湖南省洞庭湖のネズミは、2007年7月16日現在、連日の雨で水位が増したことから次々堤防に集まり、堤防に穴を開け始めた。先日、当局が撒いた毒餌で死んだネズミの死がいが未だに処理されず、山成す死がいは腐乱し異臭を漂わせ、疫病発生の危険が高まったという。

また同湖に浮かぶいくつかの島も、完全にネズミに占拠された状態だ。付近の住民は数匹のネコを刺客として島へ送り込んだ。しかし数日後発見されたのは食い殺されたネコの死がいだった。ネズミはもはや人間をも恐れぬ“暴徒”集団と化し、村民に立ち向かってきたという。エサがないのでいよいよ共食いも始めたようだ。

島には本来、天敵のヘビ・フクロウ・イタチがいた。しかし、人間が食用にこれらを乱獲し、食物連鎖を破壊したため、そのツケが今頃回ってきて、ネズミの増殖を許してしまった。ヘビはネズミを一匹食べれば消化に4、5日かかるため、これからヘビを多数島へ送り込んだとしても駆除の役には立たず、食物連鎖はもはや回復しないという。
-----引用終わり-----

「しかし、人間が食用にこれらを乱獲し」
この一文がすべてを台無しにしています

普通なら、害獣という名目で駆除したとか
そうなると思うのですが
さすがです、食べちゃったということですね

中世のように、人口が激減するということは無いと思いますが
現代にペストが再発するんじゃないかと心配します

黒死病―疫病の社会史

黒死病―疫病の社会史


疫病は警告する―人間の歴史を動かす感染症の魔力

疫病は警告する―人間の歴史を動かす感染症の魔力

  • 作者: 浜田 篤郎
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 新書


ペストからエイズまで―人間史における疫病

ペストからエイズまで―人間史における疫病

  • 作者: ジャック リュフィエ, ジャン=シャルル スールニア
  • 出版社/メーカー: 国文社
  • 発売日: 1988/06
  • メディア: 単行本





中国関連書籍はこちらをクリック

ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。