So-net無料ブログ作成
検索選択

手足口病で児童19人死亡 中国安徽省 [疾病・衛生]

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080428/chn0804281802003-n1.htm

-----  引用  -----
 中国中部の安徽省阜陽市で、今年3月から児童789人がエンテロウイルス71(EV71)に感染、重度の手足口病により19人が死亡したことが、28日までに明らかになった。

 中国国営新華社通信などによると、3月上旬から同市農村部の児童の間で、発熱し口や手足、臀部(でんぶ)に発疹(ほつしん)が出る病気が流行。同市当局はEV71の感染症と断定した。27日までに、脳、心臓、肺など多臓器の機能不全を起こした19人が死亡し、204人が入院したという。

 EV71の感染症は日本では手足口病として知られ、一般的には38度以下の発熱で症状は軽いが、平成9年に大阪市で3件の死亡例が報告されている。

 市民の間では、「子供版の新型肺炎(SARS)だ」「鳥インフルエンザが流行している」などのうわさが広がっており、市当局は否定に躍起になっている。(北京 川越一)

-----  引用  -----
産経ニュースより引用です

手足口病自体はそんなに怖い病気では無いそうです
日本医師会のサイトによるとhttp://www.med.or.jp/kansen/teashi.html

手足口病は、乳幼児、小児によく見られる疾患で、手のひら、足の裏、口の中の発疹と水疱を特徴とします。一般的には、発熱で始まる軽い病気で、ほとんどの人が、1週間から10日程度で自然に治ります。合併症も、ほとんどありませんが、まれに髄膜炎等の中枢神経症状が発生し、入院が必要となります。


ということで、場合によっては死亡する事もありますが
重大な疾病ではなさそうです

しかし、これからの季節が手足口病の季節だそうで
日本にいる皆様もサイトにあるように

・手洗いの励行(これは特におしめ等を交換した時重要です)
・汚れた衣服は洗濯する

など、気をつけてください






中国関連書籍はこちらをクリック



ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。