So-net無料ブログ作成

肺ガンがガンによる死因で中国第1位に [疾病・衛生]

http://j.peopledaily.com.cn/2008/04/30/jp20080430_87554.html

-----  引用  -----
衛生部は29日、第3回全国住民死因調査の結果を発表し、肺ガンの死亡率は30年前の5.65倍になったことを明らかにした。悪性腫瘍(ガン)による死因のうち、肺ガンは肝臓ガンを抜いて中国第1位となった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

衛生部疾病予防・抑制局の斉小秋・局長は29日の記者会見で、「都市部・農村部住民の腫瘍の発病と死亡の構造は変化している。一部の悪性腫瘍は死亡率が著しく低下しているが、環境や生活スタイルと係りのある肺ガンや肝臓ガン、結直腸ガン、乳ガン、膀胱ガンは死亡率やその割合がはっきりとした上昇傾向を見せている。なかでも、肺ガンと乳ガンの死亡率の増加は際立ち、それぞれ30年前の5.65倍と1.96倍になった。同時に食道ガン、胃ガン、鼻咽頭癌、子宮頸癌による死亡率は著しい低下をみせており、なかでも子宮頸癌が最も減少した」と紹介した。(編集KA)

「人民網日本語版」2008年4月30日

-----  引用  -----
「人民網日本語版」より引用です

肺がんの要因は

喫煙
アスベスト
ラドン
遺伝

とありますが
急激に増加しだしたとのことで
遺伝ではなさそうです


改革解放運動からアスベストの可能性もありますが
症状としてはもう少し後になりそうな気もします

やはり喫煙が一番大きいのかと思いましたが

「同時に食道ガン、胃ガン、鼻咽頭癌、子宮頸癌による死亡率は著しい低下をみせており」
とのこと

どうやら大気汚染が原因のようです

喫煙の場合
肺がんだけでなく、舌癌、胃がん、食道がん、咽頭癌あたりも増えるので

この発表が正しければ
の話ですが





中国関連書籍はこちらをクリック



ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。