So-net無料ブログ作成
検索選択
中国で働く日本人 ブログトップ

中国新鋭艦に「イージス頭脳」 米でも軍事情報流出 [中国で働く日本人]

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/46563/

-----  引用  -----
海上自衛隊第1護衛隊群の男性2曹(33)がイージス艦の中枢情報などを持ち出していた事件が日本政府を揺るがしている中、海の向こうの米国でもイージスシステムの仕様などが含まれていたとみられる情報が中国に流出していた。太平洋をまたいで安全保障上の深刻な問題が鮮明になっている
米カリフォルニア州サンタアナの連邦地裁で、米海軍の技術情報を約20年間にわたり中国に提供していた中国系グループの公判が始まった
中国側に渡った情報には、米海軍艦に搭載されたイージスシステムの仕様なども含まれていたとみられる
中国は2004年からこのシステムを搭載した国産の新型駆逐艦2隻をすでに就役させており、米捜査当局は中国の軍備近代化を支えた米国内での情報活動を公判で立証する構えだ
-----引用終わり-----

すごいですね、
しれっと中枢部に入り込んでスパイ
下手に美人局なんてことより効果は大きいです

しかも、その技術を得て、イージス艦を作り上げたという
さすがにスパイ大国って感じです

一方の日本
盗まれまくっているだけで
スパイ防止法もなく
滅びるべくして滅びる国家ですね


中国情報部―いま明かされる謎の巨大スパイ機関

中国情報部―いま明かされる謎の巨大スパイ機関

  • 作者: ニコラス エフティミアデス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 単行本


最新「中国諜報機関」

最新「中国諜報機関」

  • 作者: ロジェ ファリゴ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 単行本


中国人の交渉術―CIA秘密研究

中国人の交渉術―CIA秘密研究

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1995/07
  • メディア: 単行本






中国関連書籍はこちらをクリック

ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

SEシンドローム:抑うつ状態に陥った北京帰りのSE [中国で働く日本人]

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0301&f=column_0301_004.shtml

海外赴任というだけでも負担があるのに
SEとなるとよりいっそう、不眠から鬱になる方はおおいと思います

私の知人もまったく同じ症状で日本に帰国しました

よっぽどではない限り、会社は従業員を守ってくれないですからね





SEのフシギな生態―失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条

SEのフシギな生態―失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条





中国関連書籍はこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

時給288円 [中国で働く日本人]

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/tatenarabi/archive/news/20060105ddm002040010000c.html

これは、中国東北部、北の真珠と呼ばれる都市大連での現状でしょう

この記事に紹介されているように
ライブドア、マスターピース以外にも
GM、HPなどなど従業員が500人をこえる大規模コールセンターから
従業員数10名程度の中小コールセンターまであります。

コールセンターと言っても内容は数々あり、
有名なところでは「消費者金融の無人契約機」でしょう

無人とはいえ、電話でつながっているその先はなんと大連のコールセンター
ということがあります。

そして、大連で働く日本人の青年と実際に大連の街で話をしたことがあります
日本で面接をし、契約社員として雇われ、出向という形で大連に来たそうです
初任給3000元(約4万5千円)だったそうで、最初の半年は赤字生活だったそうです

キャリアアップの為にということらしいです
就職氷河期時代に大学を卒業し、アルバイトしか就職先がなく
キャリアを積むために、給料も待遇も期待できない大連に来たと言ってました

実際転職をする際に大連のコールセンターで働いていたというキャリアは
どの程度社会で通用するのか、それは考えていないようでした

中国語勉強しながら、コールセンターで働くと企業は誘いながら
実質的には忙しく中国語を勉強できる状態ではないとの事

一方、本社からやってくる日本人は日本の給料をもらいつつ
中国での給料ももらい、駐在手当て、住宅手当て、タクシーでの通勤代手当てなど等
各種の手当があると聞きました

中国で起きている格差問題は中国人だけでなく
日本人であっても実際に起きているということです

ちなみに、大連のソフトウェアパーク内には
GM,HP等比較的大規模なコールセンターが密集しています
ライブドアはもう少し旅順よりの高新園区という場所にあるそうです

大連は燃えている―大連市のソフトウェア開発実情

大連は燃えている―大連市のソフトウェア開発実情

  • 作者: 何徳 倫
  • 出版社/メーカー: エスシーシー
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本




中国関連書籍はこちらをクリック


人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
中国で働く日本人 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。