So-net無料ブログ作成
検索選択
中国事情 ブログトップ
前の10件 | -

中国貴州省で数千人規模の暴動、少女の検視をめぐり住民の怒りが爆発 [中国事情]

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2411794/3087637

-----  引用  -----

【6月29日 AFP】(写真追加、一部更新)中国南西部の貴州(Guizhou)省甕安(Wengan)県で28日、1人の少女の死について現地警察が発表した検視結果に住民の怒りが爆発、数千人規模の暴動が発生する騒ぎが起きた。29日、国営新華社通信(Xinhua)が報じた。

 新華社によると、暴徒は自治体庁舎や現地警察署の建物3棟を荒らしたり火を放ったりしたほか、路上の車に火をつけた。インターネット上の複数のブログには甕安警察署前に集まる数千人の市民の写真が掲載された。警察署の窓ガラスは割られ、建物からは煙が立ち上っていた。

 複数のブログは、少女の家族が現地の役人の息子を犯人と名指ししたが、現地警察が少女の死を「自殺」と断定したことを知り憤慨したと伝えている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「中国悪魔論」の由来 覆された欧米の優越意識 [中国事情]

http://j.peopledaily.com.cn/2008/04/25/jp20080425_87390.html

-----  引用  -----
一部の欧米メディアによる五輪聖火リレーを利用した反中国の扇動により、かつて横行した「中国悪魔論」が再び起こりつつある。欧米の有識者の一部もこの流れを感じ取り、敏感に反応している。ドイツの中国問題専門家であるトーマス・ヘベラー氏はこのほど発表した文章で、「中国を悪魔化するようなヒステリックなマイナス報道が一部欧米メディアによって繰り返されている。中国が改革開放以来上げてきた大きな成果は悲しいことに無視されてしまっている」と述べた。米紙「ワシントン・ポスト」は欧州外交関係理事会のレナード執行主任の話を引用し、「中国は過去5年間、経済的なチャンスとしてだけ語られてきた。スーダンと西蔵(チベット)における脅威として語られるようになったのはこの半年のことだ」と指摘した。

欧米メディアの中国関連報道にここ最近、積極的な変化が起こりつつある。接触・チャンス・責任を強調する声が高まり、「中国悪魔論」は次第に薄れようとしているともみえる。しかし今回の欧米メディアの中国に対する偏向報道を通して、「中国悪魔論」は決して遠くに消えてしまったのではなく、機会があればいつでも戻ってくる可能性を持っていることがわかった。

「中国悪魔論」がまだ生き残っているのは、欧米諸国の中国に対する見方が変わっていないからだ。中国が改革開放を経て大きく変化してきたにもかかわらず、彼らの中国に対する認識は過去のものにとどまっている。多くの人が中国を理解しておらず、また理解する方法も限られているため、平和的発展という中国の現在の方針を理解するすべを持っていない。ヘベラー氏は、「多くのドイツ人にとっては中国に関連する情報のどれが本物かを判断するすべはまったくない。もともと中国を理解していないのだから、客観的な判断などできるはずもない」と指摘する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

<ナショナリズム>若者に「愛国Tシャツ」が大人気―浙江省杭州市 [中国事情]

http://www.recordchina.co.jp/group/g18108.html

-----  引用  -----
2008年4月21日、浙江省杭州市では現在、若者の間で「愛国Tシャツ」が流行っているという。なんと、Tシャツには中国語英語で「我愛中国、中国頑張れ」といったプリントがで施されている。

このTシャツは、ある洋服店で売られているもの。この店によると、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

(4/22)[社説]世界が憂う中国の愛国熱 [中国事情]

http://www.nikkei.co.jp/china/news/20080422c1b4m005_22.html

-----  引用  -----
 北京五輪の聖火リレーがチベット騒乱への抗議活動で混乱したことなどに反発し、内外の中国人の間で愛国主義的な機運が高まっている。

 19、20の両日、北京や陝西省西安など中国の少なくとも17の都市で「チベット独立反対」「CNNの反中報道に反対」などと訴えるデモがあった。

 安徽省合肥市では18日夜、暴徒化した人々がフランス系のスーパー、カルフールの店内に乱入し「フランスを阻止しろ」などと気勢を上げた。こうしたデモに先立ち、カルフールで買い物をしないようメールで呼びかける動きも中国全土で盛り上がっていた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コトの最中にコンドームが破けた!怒り爆発の大学生が100万円の賠償要求―雲南省昆明市 [中国事情]

http://www.recordchina.co.jp/group/g17986.html

-----  引用  -----

2008年4月、雲南省昆明市に住むある大学生が、使用中にコンドームが破け精神的な被害を被ったとして販売者のウォルマートと製造元武漢傑士邦社を告訴した。春城晩報が伝えた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

武漢連日の猛暑、プール連日の超満員 [中国事情]

http://j.peopledaily.com.cn/2007/08/12/jp20070812_75153.html

-----  引用  -----
武漢では連日、猛暑に襲われており、最高気温は37度にもなる。多くの市民が夜にプールを訪れ暑さをしのいでいる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。写真は8月10日夕方、大勢の市民で超満員となった武漢市青少年宮水上世界プール。(編集YT)


「人民網日本語版」2007年8月12日
-----引用終わり-----

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

臓器目当ての殺害に死刑判決=売買目的、23万円取得-中国 [中国事情]

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007072400849

-----  引用  -----
北京24日時事】中国河北省石家荘市行唐県で、臓器目当てにホームレスの男性(40)を殺し、死刑が執行されたと医者をだまして腎臓や肝臓など5つの臓器を摘出させ、1万4800元(約23万円)を違法に得たとして故意殺人罪に問われた同県の王朝陽被告に対し、同県人民法院(裁判所)は死刑判決を言い渡した。24日付の中国紙・京華時報などが伝えた。
 この事件が発生した2006年11月には、臓器売買を禁止した管理強化規定が既に施行されていたが、臓器売買を目的にした犯罪が横行している一端を露呈した形だ。
-----引用終わり-----

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

全国の海水浴場が大混雑 [中国事情]

http://j.people.com.cn/2007/07/23/jp20070723_74158.html

-----  引用  -----
23日は旧暦の二十四節気で「大暑」、つまり1年で最も暑い日に当たる。全国の海水浴場や湖などは先週末、多くの観光客でにぎわった。(編集XX)

写真(1):四川省遂寧市大英県にある「中国死海レジャー観光区」で波に歓声を上げる観光客ら(21日)

写真(2):観光客でごった返す大連市の付家荘海水浴場。色とりどりのテントやパラソルが所狭しと並ぶ(21日)

「人民網日本語版」2007 年7月 23日
-----引用終わり-----

リンクさきの写真を見ていただけると
すべて判明すると思います

人多すぎます
プールにこれだけの人いれたら
水の浄化が追いつかないはずです
そんなこと気にしないのでしょうが・・・

とりあえず見てください

光と水と空―詩の絵本 中国編〈1〉 (詩の絵本 (中国編1))

光と水と空―詩の絵本 中国編〈1〉 (詩の絵本 (中国編1))


長江水利史

長江水利史

  • 作者: 長江流域規画弁公室長江水利史略編集組
  • 出版社/メーカー: 古今書院
  • 発売日: 1993/01
  • メディア: 単行本


蘇軾―その人と文学

蘇軾―その人と文学

  • 作者: 王 水照
  • 出版社/メーカー: 日中出版
  • 発売日: 1996/03/01
  • メディア: -


中国水利史論叢―佐藤博士退官記念 (1984年)

中国水利史論叢―佐藤博士退官記念 (1984年)

  • 作者: 佐藤 武敏
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 1984/10
  • メディア: -





中国関連書籍はこちらをクリック

ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

政府、中国に協議申し入れへ 中国製品の安全性で [中国事情]

http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070720/ssk070720004.htm

-----  引用  -----
中国製品の安全性が国際的な問題となる中、日本政府は20日、関係省庁と民間団体による「輸入品の安全確保に関する緊急官民合同会議」を首相官邸で開催した。この中で、政府側は中国に対して、食品の安全に関する協議の開催を申し入れる方針を打ち出した。また、日本国内の各業界団体に対しては、輸入品の安全管理を強化するよう要請した。

 合同会議には厚生労働省、農林水産省、外務省などの関係省庁のほか、日本冷凍食品協会や対日貿易投資交流促進協会など中国製品の輸入・販売にかかわる91団体が参加した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

フィリピン保健省、中国製キャンデーなどの回収を指示 [中国事情]

http://www.nikkei.co.jp/china/news/20070719d2m1901z19.html

-----  引用  -----
フィリピン保健省は17日、中国製の計4種類のキャンデーとビスケットから有害物質のホルムアルデヒドを検出したとして、輸入業者や卸売業者、小売店に回収を指示した。同省は歯磨き粉などほかの中国製品の検査も続けており、対象が広がる可能性がある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 中国事情 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。