So-net無料ブログ作成
検索選択
中国企業、資本家の日本進出 ブログトップ

中国ネット検索最大手の百度、出井氏を社外取締役 [中国企業、資本家の日本進出]

http://www.nikkei.co.jp/china/news/20070627c2m2701627.html

-----  引用  -----
中国のネット検索最大手、百度(バイドゥ・ドット・コム)は26日、出井伸之ソニー前会長(69)を社外取締役に迎えたと発表した。出井氏の経営や企業統治での経験に期待するとともに、「日本での検索事業の発展にもつなげる」(百度の李彦宏最高経営責任者)としている。中国企業が海外の著名経営者を取締役に迎えるのはまだ珍しい。

続きを読む


中国当局、「百度日本」への中国からのアクセスを遮断か [中国企業、資本家の日本進出]

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/04/17/15452.html

-----  引用  -----
人民網や新華網などをはじめとした多数の中国メディアが、「『サイバー万里の長城(Great Firewall)』により、中国から百度日本へのアクセスが禁止された」と報道している。実際に、現在中国から百度日本に接続を試みても接続ができない状態だ。中国最大の検索ポータル百度の日本版サービス「百度日本」は3月22日に開始されたばかりだ。
百度日本では、画像検索でアダルトキーワードを入力すると、モザイクなしのそのものずばりの画像が出てしまう。中国では、そうしたアダルト画像などの Web公開は政府によって禁止されており、中国内のサイトでは見ることができない。このため、中国内の利用者間で、百度日本で画像検索すればアダルト画像が見られることが広まり、百度日本にアクセスが殺到したという事情がある。
実際、4月17日現在、Alexaでbaidu.jpのアクセスを調べてみると、アクセス元は日本(32.4%)よりも中国(61.6%)のほうが圧倒的に多いことがわかる。また、百度日本内のアクセス先も画像検索へのアクセスが76%を占め、メインであるはずのWeb検索(24%)をはるかに上回る利用実態が浮き彫りとなっている。
-----引用終わり-----

エロ画像を探すためにそこまでするか?
見たいな展開ですが
日本と違い、コンビニでエロ本が買える事は無く
仕方ないことかもしれません

同じようにプロキシー経由のネット接続の方法も
日本人より認知率が高いと思います

DVDでたまーに台湾経由と思われる裏物があったりしますがごくまれですね

そもそも、日本に進出した経緯は
北京オリンピックにおける需要を見越したとかいってたような気がしますが
日本人よりも中国人の利用頻度が高いということは
進出した意味が現在のところあまりないのでしょう

中国「新語」最前線―インターネットから性風俗まで

中国「新語」最前線―インターネットから性風俗まで

  • 作者: 莫 邦富
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本


電脳中国学〈2〉

電脳中国学〈2〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 好文出版
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 単行本


中国のインターネットにおける対日言論分析―理論と実証との模索

中国のインターネットにおける対日言論分析―理論と実証との模索

  • 作者: 祁 景【エイ】
  • 出版社/メーカー: 日本僑報社
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本






中国関連書籍はこちらをクリック

ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ



グリーンピア南紀、再生頓挫 業者は構想示し放置 [中国企業、資本家の日本進出]

http://www.asahi.com/national/update/0415/OSK200704140061.html

-----  引用  -----
巨額の年金資金が投入された大型保養施設「グリーンピア南紀」(和歌山県)の跡地開発で、中国の請負業者によるリゾート計画が予定通りに進まず、中核となるホテル事業の再開が見送られることがわかった
南紀の跡地を所有する地元自治体に業者を紹介したのは、地元(和歌山3区)選出の前経産相、二階俊博・衆院議員(自民)だった
跡地は賃貸後の2015年に無償で業者へ譲渡されるという異例の契約だったこともあり、地元で批判が高まっている
蒋氏との契約を批判してきた町議の一人は「国とパイプがある二階議員の権力は絶大で、町は言いなりになってしまった
町民の財産の無償譲渡を決め、地元には雇用や経済効果ももたらされない。一番の被害者は町民だ」と憤る
-----引用終わり-----

朝日新聞にこれだけ叩かれる二階というのも珍しいです
親中派の政治家と新聞が何をしているのか
裏を知りたくなります
しかし、現時点でこれ以上の情報が無いのでどうにもなりません

だらだらっと引き伸ばして、2015年直前にオープンして売り逃げするつもりだとは思いますが
海南島の事業失敗や、ペーパーカンパニーを暴露するなど
日本の町議会もなかなかやりますね

しかし、結果としては契約も終わっていて
2015年にはこの方へ無償譲渡されるので
遅すぎた感がします

グリーンピアで失敗し、再生事業でも失敗
町長の責任は重いとは思いますが
国会議員の口利きがあれば拒否できないでしょう

ということで、珍しい事に朝日新聞と同じ意見です
私も二階の責任だと思います

海南島&厦門夜の歩き方―すべて現地見聞録

海南島&厦門夜の歩き方―すべて現地見聞録

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: データハウス
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本


中国自動車タウンの形成―広東省広州市花都区の発展戦略

中国自動車タウンの形成―広東省広州市花都区の発展戦略

  • 作者: 経営労働協会
  • 出版社/メーカー: 新評論
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本


広州・マカオ・広東省―中国近代史の足跡をたどる

広州・マカオ・広東省―中国近代史の足跡をたどる

  • 作者: 荻野 純一, 伊藤 まみ, 柳木 昭信, 久米 美由紀
  • 出版社/メーカー: 日経BP企画
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 単行本


さよならストリッパー〓好チャイナ!

さよならストリッパー〓好チャイナ!

  • 作者: 一条 さゆり
  • 出版社/メーカー: 竹内書店新社
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本





中国関連書籍はこちらをクリック

ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
人気blogランキングへ



中国企業、資本家の日本進出 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。